→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

Takahashi Yasuyuki

作成日:

2015-07-27

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 18
• ArchiCAD 17

プラットフォーム:

• Windows

対象:

• 新規ユーザー
• 標準ユーザー
• 上級ユーザー
• CADマネージャー

Windows 10 へのArchiCADの互換性について

マイクロソフトは、Windows 10を7月29日にリリースする予定です。 GRAPHISOFTは、現在の製品との互換性を維持するために、今後のOSの調査しています。 最終版が一般にリリースされた後、ここでの互換性に関する情報を掲載する予定です。

ArchiCAD、ArchiCAD Solo、BIMxについて

v18:完全に互換性を保つようサポートされます。
v13〜v17:互換性はありますがGRAPHISOFTでは検証していません
v12以前:互換性がありません

既知の問題

ARCHICAD18/ARCHICAD19をインストールするときに、エラーが表示される事があります

Windows Media Feature Packがインストールされていないため、GXMedia.dllが使用できないために起こります。
http://helpcenterint.wpengine.netdna-cdn.com/wp-content/uploads/2015/08/Error-message-18.png

対策1:
Windows Media Feature Packをインストールします。

Download Media Feature Pack for N and KN versions of Windows 10 from Official Microsoft Download Center
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=48231

対策2:
DVDメディアの中の、ArchiCAD18(ARCHICAD19)¥setup.exeを直接実行します。

BIMserverインストールか完了できません

BIMサーバーインストールプロセス中に、Webブラウザから設定を行いますが、Windows10標準のMicrosoft Edgeではhttp://127.0.0.1:portを認識することができないため、インストールを完了することができません。

これを回避するには、このエラーが表示されたとき、URLをhttp://localhost:portの形に変更してください。

保存のダイアログボックスを縮小することができません

Windows10では、保存のダイアログボックスを縮小することができません。
ウィンドウのタイトルをダブルクリックし、フルスクリーンになったとき、元に戻す事ができません。


カテゴリ: オペレーティングシステム

関連ページ:

トラックバック:

Windows 10 へのArchiCADの互換性について (最終更新日時 2015-08-21 09:19:26 更新者 YasuyukiTakahashi)