→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

MartonKiss

作成日:

2011-08-25

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 16
• ArchiCAD 15
• ArchiCAD 14

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 新規ユーザー
• 標準ユーザー
• 上級ユーザー
• CADマネージャー

ライセンス要求ファイルの生成手順

"インターネット接続がない場合に、ライセンス借用をを有効にするには非アクティブではないライセンスを作成します"

最初にライセンスを借用する際 -"Act"(soft)ライセンスもしくは"Key"(CodeMeterスティック)ライセンスどちらも- "ライセンス更新"の警告が表示されます。 まずはじめに、グラフィソフトに自動化されたインターネット経由を通して、いわゆる"非アクティブ"ライセンスを取得する必要があります。オンラインではないので、"要求を生成"をクリックします。

InadequateLicense.png

次のダイアログボックスが表示されます。要求を生成を再度クリックします。

GenerateRequest.png

選択した場所(例えばUSBメモリ)にライセンス要求ファイル(ZIPファイル)を保存するようもとめられます。保存をクリックします。

SaveLicenseRequest.png

ライセンス要求ファイルが生成されます。

SuccessfullyGenerated.png

OKをクリックします。

次に、インターネットに接続しているマシンを使用します。http://licenserequest.graphisoft.comにアクセスします。 ここでは、保存したライセンスZIPファイルの場所( "LicenseRequest.ZIP")を参照し、ライセンス要求をアップロードをクリックします。

UploadRequest.png

ファイルのダウンロードのダイアログボックスが表示されます。新しいライセンスファイルを保存するために保存場所(USBドライブなど)を選択して保存をクリックします。

FileDownload.png

元のマシンに戻り、再度[ヘルプ]>[ライセンス情報]に移動し、’’’借用をクリックします。

もう一度、ライセンス更新のダイアログボックスが表示されます。もう一度、ファイルを要求をクリックします:

InadequateLicense.png

次に、既にアップデートしたライセンスを持っているので、’’’要求をインポートをクリックします。

GenerateRequest.png

アップデートしたライセンスファイル(ファイル拡張子はWIBUCMRAU)を選択し、開くをクリックします。 これで処理は完了です。

SuccessfullyBorrowed.png

借用を使用する前に"非アクティブ"ライセンスをローカルで作成する手順は、1度だけ必要です。今後は、"借用"と "返却"のそれぞれの機能は、交互にそのライセンスファイルのアクティブ化および非アクティブ化します。


カテゴリ: カテゴリプロテクションキー

CodeMeter/要求を生成 (最終更新日時 2012-10-22 04:53:52 更新者 MichitakaKiriki)