→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

KatalinTakacs

作成日:

2012-08-29

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 16

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 新規ユーザー
• 標準ユーザー
• 上級ユーザー
• CADマネージャー


AC16_full.jpg


ArchiCAD 16

グラフィソフト社の製品ページをご覧ください。



ArchiCAD16は2012年5月2日に発表されました。


"BIM Components at Your Fingertips"はArchiCADの16の主要なテーマです。
新機能 - モルフツール、エネルギー評価機能の統合、BIMコンポーネンツポータルサイト、3D編集の改善、チームワークバックアップオプションの拡張、IFCコラボレーションの改善 - はユーザーの完全に"グリーン"なBIMモデリングを手助けします。



ArchiCAD 16のモルフツールで歴史的建造物をモデリング

ArchiCAD 16 in Actionをご覧ください。以下のビデオのプレイリストではArchiCAD16でモデリングされた歴史的な建築を見ることができます:



互換性

参照:ArchiCAD 16 動作環境


ArchiCAD 16は、以下のオペレーティングシステムをサポートしています:


ArchiCAD 16は、以下のファイル拡張子を開く/インポートすることができます:

* ArchiCADは15よりQuickTimeベースの画像を段階的に廃止されています。ですが、ArchiCAD 16では、まだこれらのファイル拡張子を開くことができます。


ArchiCAD 16は、以下のファイル拡張子を保存/エクスポートすることができます:

ArchiCADで使用できるファイル拡張子はこちらをごらんください。


ライセンス形式

ArchiCAD 16は、いくつかのライセンス形式があります:



新機能


デザイン フリーダム - モルフツール


建物エネルギー評価の統合


全ての規模のプロジェクトで建物エネルギーの解析


すばやくエネルギー評価レポートを生成


建物の設計を最適化するための評価のフィードバック


BIM Components

より多くのライブラリ部品に簡単にアクセス

カスタムライブラリ部品の作成の改良


生産性の強化

3D編集の改良


回転コマンドを使いやすく


プロジェクトの場所/プロジェクトの北の定義の改良


プロジェクト情報ダイアログボックスの拡張


チームワークのバックアップオプションの拡張


ArchiCADの塗りつぶしに熱特性を割り当て


ホットリンクの更新の高速化


ライブラリの拡張

一般ライブラリの強化


新規オブジェクトと拡張


窓/ドアの改善


エンジニアリングとの統合

IFCの改善


DXF / DWGデータ変換のスマート化


カテゴリ: カテゴリセットアップ

関連ページ:

トラックバック:

ArchiCAD16 (最終更新日時 2012-09-06 05:52:13 更新者 MichitakaKiriki)