→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

JuditBoros
MartonKiss
GregKmethy

作成日:

2010-06-04

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 14

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 新規ユーザー
• 標準ユーザー
• 上級ユーザー
• CADマネージャー

参照:

• [tracking number]

ArchiCAD14.PNG

ArchiCAD 14

ArchiCAD 14日本語版は2010年10月12日に発売されました。ArchiCAD 14のメインテーマは「オープンデザインコラボレーション」です。その他に、ワークフロー改善チームワーク拡張が含まれます。主なテクノロジー改善は、ArchiCAD 14 Mac版がCocoa APIペースとなりました。

レビュー:

互換性

ArchiCAD 14は以下のOSに対応しています:

ArchiCAD 14は以下のファイル形式を開くあるいはインポートできます:

ArchiCAD 14は以下のファイル形式を保存あるいはエクスポートできます:

ライセンス形式

ArchiCAD 14には複数のライセンス形式があります:

ArchiCAD 14用アドオン

新機能

詳細なリストは、新機能ガイドをご確認ください:New Features.pdf (PDF形式、1.1 MB)

オープンデザインコラボレーション

ArchiCAD14のワークフローソリューションは建設業界での各種技術分野と建築設計者の間のBIMモデル上での違った要件をつなぐ役目を果たします。モデルの変換、要素のクラス化、IFCの参照モデルの履歴追跡や変更管理のサポートが建築設計者や設備・構造設計者間の調整を援助し、滑らかで自動的なプロセスを達成しています。

相互互換性についてはArchicadWikiIFCページをご覧ください。

チームワークおよびBIMサーバー拡張

ArchiCAD 13以前からチームワークプロジェクトを移行するには、移行ガイドをご確認ください:Migration Guide.pdf (PDF形式、1.2 MB)

他のワークフロー改善点

Macの新機能

ArchiCAD 14はCocoaアプリケーションとなりました。Carbon APIからCocoa APIへの変更は大規模な開発であり、MacプラットフォームのArchiCADの将来性を安定したものとし、新しい開発の可能性が広がります。ただし、ユーザーの目にはあまり大きな利点はありません。ArchiCAD 14での小さな利点は以下の通りです:

highlight.png

fontmenu.png


関連ページ:

ArchiCAD 14 (最終更新日時 2010-11-24 02:53:54 更新者 KazuoHamaji)