→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

ArchiCAD 10 Intel搭載Macintosh用

Intel搭載Macintoshコンピューター用Mac OS X対応ArchiCAD 10は、2006年8月30日に発表されました。このバージョンは、すでに発売されているWindows XPおよびPowerPCバージョンに対して、一部機能を除きファイルおよび機能互換しています(下記参照)。個別のCDで配布され、他のプラットフォームから切り替えるお客様には無償です。

ArchiCAD 10 Intel Mac版に関連した質問:

質問: ArchiCAD 10 Intel Mac版はどんなときに必要ですか?
回答: このバージョンは、Intelプロセッサ搭載の新しいMacシリーズに対応しています。

質問: ArchiCAD 10商用版をすでに所有しています。Intel Mac版はどのように入手できますか?
回答: ArchiCAD 10 Intel Mac版は別CDでご提供しています。ご購入の販売店またはグラフィソフトジャパンまでお問い合わせ下さい。インストール後、[ヘルプ>更新を確認]メニューを開いて、不具合修正や機能改善されたバージョンをダウンロードして下さい。

質問: このArchiCADの新バージョンは、「ユニバーサルバイナリ」仕様ですか?
回答: 「ユニバーサルバイナリ」とは、ソフトウェアがPowerPCおよびIntel搭載のMacintoshコンピュータで起動することを意味します。リリース日が異なるため、グラフィソフト社では2つのバージョンを個別に配布しています。「Macintosh© OS X 10.3/10,4」と記されているCDにはPowerPC版が同梱されていて、Intel Macにはインストールできません。「Macintosh© OS X 10.4 (Intel version)」と記されているCDにはIntel版が同梱されていて、PowerPC Macにはインストールできません。PowerPC版のアプリケーションフォルダをIntel Macにコピーすることはできますが、PPCエミュレーションモード(Rosetta)で起動し、Intel対応版より非常に遅くなります。

質問: このバージョンは、Intel Xeon搭載のMac Proにも対応しますか?
回答: このバージョンは、全てのIntel搭載Macに対応しており、Core-Duo搭載シリーズおよびXeon搭載Mac Proにも対応しています。

質問: プロテクションキーの変更は必要ですか?
回答: 必要ありません。プロテクションキーはプラットフォーム共通です。ただし、WIBUドライバ(プロテクションキーを認識するソフトウェア)を更新する必要があります。AC10とAC9をIntel搭載Macintoshで起動するをご覧下さい。

質問: 教育版はありますか?
回答: あります。Intel Mac学生版は、学生版登録ページより入手して下さい。お申込の流れは、こちらを参照して下さい。

質問: 学生でシリアル番号をすでに持っています。Intel Mac版を起動するには新しいシリアルが必要ですか?
回答: 必要ありません。すでに発行されたシリアル番号で起動します。Intel Mac版のダウンロードを行って下さい。

質問: 既他社製の既存ArchiCAD 10アドオンは使用できますか?
回答: 使用できません。各開発会社のウェブサイトなどで、Intel Macプラットフォーム用にコンパイルされたバージョンをご確認下さい。

質問: Intel Mac用のグラフィソフト社製アドオンは使用できますか?
回答: 全ての標準アドオンはIntel Macに対応しており、更新ダウンロードの一部として更新されます。「スマートアップツール」も対応しています。弊社で制御できない問題のため、一部のアドオンはIntel Mac用に対応していません。Google社はIntel Mac対応のSketchUpおよび開発キットを発表していないため、SketchUpインポートプラグインは対応していないため対応していません。また、開発会社によりIntel Mac対応版が発表されていないため、MaxonForm (Cienma 4D)は対応していません。

質問: ArchiCAD 10のIntel対応版に制限はありますか?
回答: 一部制限があります。 (1) ArchiCAD 10 Intel Mac用は以前のバージョン(ArchiCAD 9)の形式のファイルは保存できません。下位互換が必要な場合、対応策はあります。PPC Macを使用できる場合、ArchiCAD 10アプリケーションフォルダをPPCからIntel Macにコピーして、Intel対応版とコピーしたPPC版の2つのArchiCAD 10フォルダを用意します。PPC版を起動すると、プロジェクトを開いて過去のバージョンに保存することができます。PPC版はエミュレーションモードで起動する(動作は遅い)ので、このアプリケーションは下位互換のためだけに使用し、通常はIntel対応版を使用します。 (2) 上記のように、SketchUpおよびMaxonFormアドオンはIntel Macに対応していません。 (3) Piranesiを使用している場合、ArchiCAD 10 Intel Mac用からEPXファイルを出力する際に不具合が生じます。対応策は、http://ja.archicadwiki.com/Bugs/Intel_Macが不正なPiranesiファイルを保存するをご覧下さい。

質問: Intel Mac用のデベロッパーキットはありますか?
回答: あります。詳細はグラフィソフト社までお問い合わせ下さい。

質問: ArchiCADユーザーではありません。体験版のソフトウェアは入手できますか?
回答: お近くの販売店またはグラフィソフトジャパンまでお問い合わせ下さい。

リンク:

関連記事:

関連技術情報:

関連不具合解説:

作成者:

JózsefJároli

作成日:

2006-07-05

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 10

プラットフォーム:

• Mac OS X (Intel)

対象:

• 新規ユーザー
• 標準ユーザー
• 上級ユーザー
• CADマネージャー

参照番号:

• [tracking number]

[カテゴリセットアップ]

ArchiCAD 10/IntelMac (最終更新日時 2013-12-19 02:25:11 更新者 MichitakaKiriki)