→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

構造との連携のための躯体表示を使用

作成者:

JózsefJároli

作成日:

2008-07-01

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 12

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

Audience:

• 新規ユーザー
• 標準ユーザー
• 上級ユーザー
• CADマネージャー


{i} ForWikiEditors: ToDo/ - check and update article


ArchiCADの躯体表示機能とレイヤーシステムは、簡略化した形状の建築要素を表示、出力できます。例えば、構造エンジニアと作業する場合、構造プランを出力したりIFCファイルとして複雑な複合構造の要素の躯体のような実際の構造耐力要素のファイルを出力するかもしれません。

最初の段階として、レイヤーとレイヤーセット(ドキュメント/レイヤー/レイヤー設定)にて建築モデルの構造耐力要素の箇所を構造全体からフィルタリングします。例えば、構造要素(スラブ、壁、梁、柱等)は1つのレイヤーに配置するのか、もしくは個別のレイヤーにし、1つのレイヤーセットでグループ化できます。

partial-structure-1.png

躯体表示設定は福蔵構造と断面形状のみに影響します。 スラブ、壁や屋根はArchiCADで複合構造で定義できます。複合構造や断面形状の構造の構造耐力要素は躯体の層となります。次の図は、複合構造で躯体と仕上げの層をどのように設定するかを示しています(オプション/属性設定/複合構造)。

partial-structure-2.png

躯体表示は2Dおよび3Dウィンドウの要素の表示と同様、以下のウィンドウの種類により影響します:

躯体表示(躯体のみ)は現在のウィンドウで3つの異なる箇所、ダイアログで設定できます:

1. ドキュメント/ 躯体表示;

2. プロパティ/プロジェクトマップのオーガナイザー内の設定;

3. クイックオプションのパレット内の躯体表示(ウィンドウ/パレット/クイックオプション)。

躯体表示の設定はビュー設定に保存されます。以下の図は異なるビューで適用される躯体表示設定の例です。

断面

partial-structure-3.png

3Dビュー

partial-structure-4.png

3Dドキュメント

partial-structure-5.png

柱と梁は構造と仕上げの箇所を持たせられますが、躯体表示用の複合構造としてはみなされません。

柱/梁の躯体を表示するには、断面形状の柱/梁を作成し、仕上げとして化粧の箇所を設定し、それから躯体表示を躯体のみに切り替えます。

partial-structure-6.png

IFCにエクスポート

単純化された状態で保存したい場合 - IFCとして現在のモデルを構造耐力要素とします、以下の設定は、保存する手順の間に考慮する必要があります(詳細はIFC Export for Structural Connectionのガイドをご覧ください):

PDFのダウンロード

上記の記事はPDF形式でも提供されています: PartialStructureDisplay.pdf

チュートリアルビデオ

全てのインタラクティブな躯体表示のチュートリアルクリップと対応するArchiCAD12のプロジェクトのアーカイブファイルを圧縮した1つのパッケージをダウンロードください。こちらから16.5MBのZIPファイルをダウンロードください

クイックリンク

Overview of Structural Solutions for ArchiCAD
Key Structural Solutions for ArchiCAD 12
IFC Export for Structural Connection
Comparing Structural and Architectural Models


カテゴリ:

カテゴリレイヤー カテゴリ壁 カテゴリIFC カテゴリPDF カテゴリ複合構造 カテゴリ断面形状

関連ページ:

トラックバック:

Note: Related Pages / Trackback list is cached. If you suspect the list is not up-to-date, then use "Delete Cache" under "More Options"

躯体表示 (最終更新日時 2013-07-31 03:17:42 更新者 MichitakaKiriki)