→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

AndorSzoke

作成日:

2007-03-20

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 12
• ArchiCAD 11
• ArchiCAD 10
• ArchiCAD 9
• ArchiCAD 8.1

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 新規ユーザー
• 標準ユーザー
• 上級ユーザー
• CADマネージャー

参照:

• [tracking number]

環境設定の削除

ArchiCADでは「環境設定」と「作業環境」ファイルを保存して、ArchiCADを次回起動する際に自分用のカスタム環境が使用できるようにしています。まれにこのファイルが破損し、ArchiCADの起動ができなかったりクラッシュの原因になったりします。この場合、トラブルシューティング手順として、このファイルを削除してください(クラッシュのトラブルシューティングについてはクラッシュもご覧ください)。環境設定ファイルを削除しても危険はありません。ArchiCADを再起動した際に、デフォルト設定でこのファイルを再作成します。ただし、カスタムショートカット、パレット位置など、ArchiCADインターフェースへの修正が失われます。

MACでの環境設定の削除

以下のファイルとフォルダーを削除します(xxはArchiCADのバージョン番号、yyyはArchiCADの言語を表しています):

PCでの環境設定の削除

手順1:

以下のファイルとフォルダーを削除:

Windows XP:

Windows 7およびVista:

手順2:

注記: この手順は上級ユーザー向けです。Windowsレジストリーに詳しくない方は、この手順は飛ばしてください。

REGEDITを実行します。[HKEY_CURRENT_USER/SOFTWARE/]に移動し、「Graphisoft」というエントリを削除します。

手順3:

ArchiCADを再起動します。

PC (XPおよびVista)用のArchiCAD Cleaner

上記の手順を行なう代わりに、ArchiCAD Cleanerユーティリティを使用することもできます。このツールを使用する前に、一緒にダウンロードできるArchiCAD Cleanerマニュアルを良くお読みいただき、手順について完全に理解してください。このツールを正しく使用しないと、データが失われる可能性があります。

AC12Cleaner.zip (ArchiCAD 9 -12用 ) ユーザーマニュアル(英文)

環境設定の削除 (最終更新日時 2011-03-15 06:48:34 更新者 KazuoHamaji)