→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

LaszloNagy

作成日:

2003-10-07

ArchiCADバージョン:

• ArchiCAD 9
• ArchiCAD 8.1

ぷラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 標準ユーザー

参照番号:

• [tracking number]

ArchiCAD 8以降のOpenGLエンジンの機能として、3Dウィンドウ陰線処理ビューに対応していません。ワイヤーフレームシェーディングモードの2つのモードしかありません。

ArchiCAD 7.0プロジェクトを開いてArchiCAD 8形式に変換する際、問題となる場合があります。AC 7.0で定義されている3DウィンドウのクイックビューはArchiCAD 8のビューに変換されます。AC 7.0で3Dウィンドウのクイックビューが陰線処理モードで定義されている場合、変換されたビューはOpenGLモードで何も表示されません。

これは、OpenGLには3Dウィンドウの陰線処理モードがないためです。

対策は以下の通りです(ArchiCAD 8でまだ作業する前に行ってください):

  1. 7.0でファイルを開きます。
  2. クイックビューを再定義して、3Dのクイックビューをワイヤーフレームかシェーディングモードにします。
  3. プロジェクトを保存します。

プロジェクトがAC 8形式に変換されてもクイックビューで問題がなくなります。


カテゴリ3Dモデリング

技術情報/3DのOpenGLと陰線処理ビュー (最終更新日時 2008-09-01 12:59:53 更新者 localhost)