→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

MartaTron

作成者:

2006-01-30

ArchiCADバージョン:

• ArchiCAD 9
• ArchiCAD 8.1
• ArchiCAD 7.0

プラットフォーム:

• Windows

対象:

• 標準ユーザー

参照:

• [tracking number]

2004年4月の月間賞受賞技術情報:

Ben Cohen氏からの情報‐タスクマネージャーから強制終了を使用して、その前の自動保存したものに戻る

プロジェクト作業後1時間ほど放置し、誤って[保存する]ではなく[保存しない]を押してしまいました。幸いArchiCADを開いたままだったので、強制終了をかけて(Ctrl/Alt/Deleteを押してから、タスクマネージャーから強制終了)ArchiCADを再始動しました。自動保存機能のおかげで、失われたのは最後の2~3の操作だけでした。

方法を説明します:ファイルを閉じる際に、誤って[保存しない]を選択してしまったものの、ArchiCADは作動しているという場合、最後に自動保存されたところまで戻る方法があります(Windows)

  1. ArchiCADは閉じないでください。
  2. Ctrl+Alt+Delキーを押して、タスクマネージャーを開きます。
    taskmanager.png

  3. Windows XPでは、[アプリケーション]のタブを開いて、ArchiCADを強調表示します。

  4. 左下の[タスクの終了]ボタンをクリックします。
  5. 新しくダイアログが出て、プログラムが応答していないと告げてきます。[すぐに終了]を選択してArchiCADを閉じます(強制終了)。数秒かかるかもしれませんが、何も操作しないで待ってください。
    notresponding.png

  6. この後に別のウインドウが現れたら[この問題のエラー報告をマイクロソフトに送る]は選択しないことをお奨めします:実際には不具合ではありません。
  7. ArchiCADを再始動します(スタートメニューから)。
  8. ArchiCADが始動すると、強制終了したときに使用していたファイルの自動保存バージョンが自動的に調べ出され、それを開くか否かを尋ねてきますので、「はい」を選択します。
  9. ファイルがもとに戻ります。

ヒント:もちろん、[オプション]→[基本設定]→[データ保護]で自動保存をONにしておく必要があります(バージョン10の場合は:[オプション]→[作業環境]→[データ保護])ArchiCADでは、「秒毎に保存」、「操作毎に保存」のどちらもできます:
datasafety.png


技術情報/誤って終了した後にプロジェクトを復帰する (最終更新日時 2009-04-20 05:44:28 更新者 KazuoHamaji)