→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

KaticaAvvakumovits

作成日:

2007-08-21

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 11
• ArchiCAD 10
• ArchiCAD 9

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 標準ユーザー
• 上級ユーザー

参照:

• [tracking number]

構造設計者に躯体データを送る際は、複合構造の躯体のみを表示する必要があります。

ArchiCAD 11以前では、ボタンでの切り替えはできませんが、目的の結果を得る方法はいくつかあります。

躯体のみ別にモデル作成する

第1の手法は、別々のレイヤーに構造要素のモデルを作成する方法です。壁の場合は2通りの方法が考えられます。1つめの方法は、躯体を含めた複合構造を2Dで作成し、別のレイヤー(構造要素が入ったレイヤー)に躯体のみを作成する方法です。

ShowCoreOnly_02.png

2つ目の方法は、躯体を表示しない2D表示を複合構造に使います。この例の場合、両方の要素が建築的に正確な表現としてレイヤーに表示されます(必ず構造要素が非構造要素より前面になるような表示順序にしてください)。構造表示が必要なときは躯体のレイヤーのみを表示できます。

ShowCoreOnly_01.png

上記2つの方法の長所は、2Dでも3D(3Dウインドウ/断面図/立面図など)でも、躯体が正確に表現されることです。

短所は2点あります:a)モデル作成数が増える b)要素の位置や複合構造の仕上げに変更があった場合、改めて躯体レイヤーの各要素が正しく変更されているか確認する必要がある

2Dデータのみ変更する

3Dモデルのデータなしで、平面図データのみを構造設計者に提供する場合は、この他に2通りの方法があります。どちらの方法も正確な表示にするためには、複合構造の属性の修正が必要です。仕上げ、仕上げ分離線、端の線など、構造ビューに不要なものは表示しないように修正します。

1つ目の方法では、新しいペンセットを定義します。複合構造ダイアログボックス([オプション]→[属性設定]→[複合構造])で作業対象となる複合構造を選択します。

次に、躯体の塗りつぶし/輪郭線に使ったペンセットを変更して、他の表面塗りつぶしと輪郭線として使えないように設定します(ここでは、躯体用のペン、27、107、127番をそれぞれ21、101、121番に変更しています)。

ShowCoreOnly_03.png

ペントカラーダイアログボックスを開きます([オプション]→[属性設定]→[ペンとカラー])。

ShowCoreOnly_04.png

躯体以外の塗りつぶし/輪郭線に使用した全てのペンを白に変更します。その後、新しいペンセットに名前をつけて保存します(ここでは、1、47、57、107番のペンを変更しています)。

ShowCoreOnly_05.png

その後、構造ビューが必要場合、新しいペンセットを適用します。

ShowCoreOnly_06.png

注記: 要素設定のうち構造および切断塗りつぶし線およびペン設定は、必ず[構造の設定を適用]にしてください。

Structures.png

この方法の長所は、ArchiCAD 11以降であればペンセットを変更するだけで使用できることです。つまり、どの保存ビューに切り替えても、そのペンセットが適用されます(11以降では、ペンセット設定はビューと一緒に保存されます)。

短所は、a)3Dが自動的に変わらないこと b)塗りつぶしと輪郭線が残ったまま(白色)になるので、他のものと重ならないよう注意しなければならないことです。

2つ目の2Dの方法では、作業対象の複合構造のコピーを作って再定義します。再定義した複合構造では、躯体はそのまま残ります。他の輪郭線および塗りつぶしの端の線は[全て隠す]設定にします。中身は全て空洞とし、塗りつぶしの背景の値は1(背景色)に設定します。

ShowCoreOnly_07.png

これで、構造設計者にデータを送る際に任意の複合構造を修正して送ることができ、複合構造を別のレイヤーにコピーして要素を変更し、必要に応じて表示したりエクスポートできます。

ShowCoreOnly_08.png

この方法の長所は、塗りつぶし/輪郭線が隠れるので(前述の方法のように白色になるのではなく)、2Dでの表示が完璧なものになることです。短所は、a) 3Dモデルが自動的に変わらないことと、b)データを送る前に複合構造を変更して後で元に戻すか、変更があるたびにコピーした構造レイヤーのデータが建築レイヤーのデータに一致しているかどうかを確かめなければならないことです。


カテゴリ3Dモデリング

技術情報/複合構造の芯のみを表示 (最終更新日時 2008-11-13 02:13:13 更新者 KazuoHamaji)