→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者

KaticaAvvakumovits

作成日:

2007-05-23

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 11

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 一般ユーザー
• 上級ユーザー

参照番号:

• [tracking number]

複合構造の構成要素をリストにする

ArchiCAD11では、連動一覧表で複合構造および複雑な構造の個々の要素のリストが作れます。

この機能の一般情報は、ArchiCAD ヘルプの「連動一覧表」をご覧ください。

ArchiCAD 11では、デフォルトで全ての構成要素、数量一覧、レイヤー別構成要素の一覧表が利用できます。

新しい一覧表設定を作成する際組み立て要素または構成要素のどちらの一覧表を作成するか選択できます。また、設定画面の[フィールド]パネルに使用可能なパラメータの新しいグループがあります。パラメータのリストの中から複合構造あるいは断面形状に特化したパラメーターを選択できます。

構成要素の一覧表は複合構造や断面形状:複合構造壁(直線または曲線)、スラブ、屋根、断面形状壁、柱、梁で役立ちます。

複合構造壁の構成要素の数量表の作成は以下の手順に従って下さい。

1. 断面形状マネージャーの画面で複合構造壁の断面図を作成するか利用可能なものから既存の断面形状を1つ選びます。ここでは、外側がレンガ造りの傾斜した壁を作成しました。

複合要素の作成についての一般情報はArchiCADヘルプの「断面形状で壁/柱/梁/を配置する」「 断面形状要素の修正」「 要素の辺の湾曲化/直線化」をご覧ください。

ComplexWallListing-01.png

2. 壁を平面図に配置します。

ComplexWallListing-02.png

3. 設定の画面を開きます。

[ドキュメント]→[一覧表とリスト]→[一覧表]→[設定]を選択します。

image001.jpg

4. 設定画面で[レイヤー別構成要素]を選択し[フィールド]パネルを開きます。一覧表フィールドの中から選択した項目を確認します。

image002.jpg

5. [OK]をクリックして画面を閉じます。ナビゲーターから[レイヤー別構成要素](一覧表の構成要素の中)をダブルクリックします。連動一覧表が自動的に生成できています。複合構造壁の構成要素が個別に表記されいることが確認できます。

ComplexWallListing-05.png

6. 平面図または3D画面に戻り、ストレッチ、または数値を入力して壁の幅または高さを修正します。

ComplexWallListing-06.png

7. レイヤー別構成要素一覧表に戻ります。それぞれの要素の数値が壁のサイズを変更したことによって更新されていることを確認します。

ComplexWallListing-07.png

8. 平面図に戻って壁に窓を配置します。

ComplexWallListing-08.png

9. 再度一覧表が更新されたことを確認して下さい。

それぞれの要素の値が窓を配置したことによって更新されたことを確認します。

ComplexWallListing-09.png

10. 最後に、平面図に戻って、壁を選択します。ペットパレットのコマンドを使って直線の壁を湾曲化した壁に変更します。

ComplexWallListing-10.png

11. 再び更新された一覧表を確認します。湾曲化した壁の要素も正しく表記されていることを確認します。

ComplexWallListing-11.png

カテゴリ計算カテゴリ3Dモデルカテゴリ入出力

技術情報/複合構造の構成要素をリストにする (最終更新日時 2008-10-29 10:09:13 更新者 KazuoHamaji)