→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

KazuoHamaji

作成日:

2009-06-12

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 12
• ArchiCAD 11
• ArchiCAD 10

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 上級ユーザー
• CADマネージャー

参照番号:

• [tracking number]

螺旋オブジェクトから角形手摺を作る

この記事では、螺旋オブジェクトから角形手摺を作る方法について解説します。螺旋オブジェクトの断面は円形なので、GDLスクリプトを編集して角形にします。

  1. オブジェクトツールで[1.5特殊構造]→[自由部材]→[螺旋]オブジェクトを選択します。

    01.png

  2. 螺旋オブジェクトを配置して選択します。平面図でも3Dウィンドウでもかまいません。

    02.png

  3. [ファイル]→[ライブラリとオブジェクト]→[オブジェクトを開く]を選択します。

    03.png

  4. GDL編集ダイアログの[パラメータ]タブで[新規]ボタンをクリックし、以下のように新しいパラメータを作成します。
     表示:階層をオン
     変数:thickness
     名前:厚み
     値:50
    (「rat」変数の名前を「幅」、値を「50」とすると分かりやすくなります。)

    04.png

  5. [3Dスクリプト]タブで以下のようにスクリプトを編集します。
     元々のスクリプト:
     tube 2,n+1,1+2+16+32,
     0,0,901,
     rat,360,4001,
     rac*sin(-sang/rr),rac-rac*cos(-sang/rr),-zzyzx/rr,0,
     get (nsp)
     
     新しいスクリプト:
     tube 5,n+1,1+2+16+32,
     -rat/2,0,0,
     -rat/2,-thickness,0,
     rat/2,-thickness,0,
     rat/2,0,0,
     -rat/2,0,0,
     rac*sin(-sang/rr),rac-rac*cos(-sang/rr),-zzyzx/rr,0,
     get (nsp)

    05.png

  6. [ファイル]→[名前を付けて保存]を選択します。

    06.png

  7. 保存ダイアログで[名前]と[保存先]を指定して、[保存]をクリックします。

    07.png

  8. オブジェクトダイアログで新しく作成した手摺オブジェクトを選択して、[OK]をクリックします。

    08.png

  9. 角形の手摺オブジェクトを配置します。

    09.png

サンプルの手摺オブジェクト

関連ページ

記事:

技術情報:

不具合解説:


カテゴリGDL

技術情報/螺旋オブジェクトから角形手摺を作る (最終更新日時 2009-06-12 06:17:49 更新者 KazuoHamaji)