→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

KazuoHamaji

作成日:

2010-11-10

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 14

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 標準ユーザー
• 上級ユーザー
• CADマネージャー

参照番号:

• [tracking number]

測量データ(SIMAファイル)をメッシュに変換する

この記事では、測量データ(SIMAファイル)をメッシュに変換する方法について説明します。ArchiCAD 14の新機能を利用して、.simという拡張子の測量データ(SIMAファイル)をメッシュとして取り込む事ができます。以下の方法でSIMAファイルの調整が必要です。

  1. SIMAファイルの拡張子を「.sim」から「.txt」に変更します(コピーを作成した方が安全です)。

    01.png

  2. Microsoft Excelで、.txtファイルを開きます。

    02.png03.png

  3. [データのファイル形式]で[区切り記号付き]を選び、[データのプレビュー]を確認しながら[取り込み開始行]を設定し(ここでは「5」行目)、[次へ>]をクリックします。

    04.png

  4. [区切り文字]で[コンマ]、[文字列の引用符]で[{なし}]を選択し、[次へ>]をクリックします。

    05.png

  5. [列のデータ形式]で[G/標準]を選択し、[完了]をクリックします。

    06.png

  6. データが開いたら、必要な「XYZ」座標と思われる部分以外を削除します。

    07.png08.png

  7. ファイルを保存します。

    09.png

  8. ArchiCADで新規あるいは既存のプランファイルを開いて、[デザイン>測量データからメッシュを配置]を選択します。

    10.png

  9. 先ほど編集したテキストファイルをを選択します。

    11.png

  10. 必要に応じて[測量単位]、[配置]、[GLの海抜]を設定し、[OK]を押します。

    12.png

  11. メッシュが配置されます([配置]で[画面上で定義]を選択した場合はクリックした位置に、[元の位置]を選択した場合はXYZ座標の位置に)。

    13.png14.png

参考リンク

Wikipedia「SIMA」
AutoCADの任意の点の測量座標系の座標をExcelへ抽出する
座標点プロットでプロットするSIMデータの重複した点をEccelで検索する

関連ページ

記事:

技術情報:

不具合解説:


カテゴリ入出力

技術情報/測量データ(SIMAファイル)をメッシュに変換する (最終更新日時 2010-11-11 00:47:31 更新者 KazuoHamaji)