→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

ShinakoToh

作成日:

2008-08-07

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 11
• ArchiCAD 10

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 新規ユーザー
• 標準ユーザー
• 上級ユーザー

参照番号:

• [トラック番号]

変形の窓(ドア)の作成

この記事では、変形の窓の作成方法について説明します。(保存時に[ドア]を指定すると、ドアになります。)

07.jpg

  1. 平面図にて、窓枠および窓枠の輪郭部分をかたどった2つの形状を描きます。(平面図に立面の形を描きます)厚みや高さは実際のものと同じにします。

    01.jpg

  2. 輪郭のスラブの設定のIDに「wallhole」と入力し、[OK]をクリックします。(この形に開口が空きます。)

    02.jpg

  3. 輪郭と窓のそれぞれのスラブをぴったりと重ね合わせます。

    03.jpg

  4. ArchiCAD15以前のバージョンの場合、3D投影の設定で、[上面図]を選択し、[カメラの方位]を「270」に設定して、[OK]をクリックします。

    04.jpg

  5. 3Dウィンドウを表示した状態で、[ファイル]-[ライブラリとオブジェクト]-[3Dモデルに名前をつけて保存]を選択します。

    05.jpg

  6. 表示されるダイアログで[窓]を選択して、[保存]をクリックします。([ドア]を指定すると、ドアになります。)

    06.jpg

・ スラブの厚みが窓枠の厚さになります。壁と同じ厚さにする場合は、あらかじめ、壁の厚さの数値をスラブの厚さとして設定します。

・ おさまりは、抱きの設定で調整します。

記事:

技術情報:

不具合解説:


カテゴリ3Dモデリング

技術情報/変形の窓(ドア)の作成 (最終更新日時 2015-06-01 04:02:44 更新者 YasuyukiTakahashi)