→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

GSHelp.de

作成日:

2006-03-14

ArchiCADバージョン:

• ArchiCAD 9

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 新規ユーザー
• 標準ユーザー

参照番号:

• [tracking number]

目次

ArchiCAD 5.0以前のファイル変換については、こちらをクリックしてください。

注記: 以前のバージョンで正しく動作しているプロジェクトは変換しないほうがいい場合もあります。更新には利点がありますが、プロジェクトを新しい環境に移行するにはある程度の作業と時間がかかることにご注意ください。

ここから、アーカイブファイル(*.PLA)を使用した変換方法についてご説明します。

  1. 以前のバージョンで、ArchiCADアーカイブプロジェクトとして保存します。
    プロジェクトをArchiCADの以前のバージョンで開き、[ファイル]→[特殊保存]→[アーカイブ]を選択してアーカイブ(PLA)として保存します。

    以下の画像にあるようにオプションをチェックすると、プロジェクトで使用されている選択したライブラリ部品だけが保存されます。

  2. ArchiCAD 9で古いPLAを開きます。
    [ファイル]→[開く]で上記で保存したファイルを選択します。

    ダイアログが表示され、3つのオプションから選択します:

    • 要素をアーカイブから直接読み込む
    • 要素をフォルダに抽出する
    • ライブラリを選択する


    要素をフォルダに抽出するオプションを選択すると、*.libフォルダが作成されます。

    アーカイブから直接読み込むオプションを選択すると、ライブラリへ外部からアクセスすることができません。

  3. ArchiCAD 9ライブラリを使用します。
    アーカイブプロジェクトを開くと、古いプロジェクトで使用されていたライブラリだけがロードされます。他のArchiCADライブラリ(例、ArchiCAD Library 9)へアクセスするには、ライブラリマネージャーでロードしてください。

  4. PLAを開く際、以下のメッセージが表示される場合があります:
    errorm1.PNG
    このメッセージは単なる注意書きで、ライブラリ部品はインターナルID (GUID)で識別されるので、プログラム的には問題がありません。 この警告を削除したい場合は、抽出された.libフォルダから古いデータベースを削除してください。
    削除する要素:
    delroof.PNG
    最後に、ファイルをフォルダ構成内に新しい名前で保存してください。

ヒント:

関連記事

ArchiCADバージョン概要
ライブラリ更新の注記


カテゴリセットアップ

技術情報/古いArchiCADプロジェクトをArchiCAD 9へ変換 (最終更新日時 2008-09-01 13:01:35 更新者 localhost)