→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

Saghy Attila

作成日:

2008.01.07

ArchiCAD バージョン

• ArchiCAD 11
• ArchiCAD 10
• ArchiCAD 9

プラットフォーム:

• Windows

対象:

• 新規ユーザー
• 標準ユーザー
•上級ユーザー
• CADマネージャー

参照:

• [tracking number]

アンインストールしたArchiCAD体験版を復元する

ArchiCADの体験版で作業後に商用版に変更する場合、体験版をアンインストールしないで下さい。プロテクションキーを装着して体験版ArchiCADを始動させるだけで、ArchiCADはキーを検出し商用版で起動できます(ウインドウのタイトルから体験版という文字がなくなります)。体験版で作成したファイルを1つずつ開いて再び保存し、ファイルから体験版コードを取り除く必要があります。

体験版で作成されたファイルには専用のコードが含まれており、作成したコンピュータでのみ開けます。体験版をアンインストールしてしまうと、作成したファイルを開けなくなります。同じシリアル番号のArchiCADを再度インストールしても開けません。既に体験版をアンインストールしている場合、作成されたファイルを開く方法が1つだけあります。それは、アンインストールした体験版の復元を試すことです。

Windowsのシステムの復元(WindowsXPではデフォルトで表示)を使って、削除したArchiCAD体験版の復元を試して下さい。部分的でもインストール時の状態を復元できれば、ArchiCADインストーラを用いてArchiCADを修復できます。

次の手順に従って下さい:

  1. スタートメニューから[ヘルプとサポート]を起動します。
  2. [コンピューターへの変更をシステムの復元で元に戻す]を選択します。

    67.jpg

  3. [コンピュータを以前の状態に復元する]を選択します。

    67_1.jpg

  4. ArchiCAD体験版をアンインストールした日を選択します。最近使ったドキュメントは削除されません。

    67_2.jpg

  5. [次へ]をクリックするとシステムの復元が開始されます。

インストールの修復(システムの復元後)

ArchiCADインストーラから作動しない場合、インストールの修復ができます。

次の手順に従って下さい:

  1. ArchiCADのインストールを開始します。自動で始動しないときは、インストール用DVDの[Setup.exe]を手動で始動させます。
  2. [修復]を選択します。コンピュータに既にArchiCADがインストールされている(復元されたArchiCADを検出します)場合は、インストーラが2つのオプション(現存のArchiCADに追加、またはArchiCADを修復)が表示されますので、[修復]を選択します。
  3. 終了です。[バックアップを取らずに修復]を選択して、インストーラを終了します。

カテゴリセットアップ

技術情報/体験版データの復元 (最終更新日時 2008-10-31 01:48:54 更新者 KazuoHamaji)