→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

LaszloNagy

作成日:

2004-01-07

ArchiCADバージョン:

• ArchiCAD 8.1
• ArchiCAD 7.0

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 標準ユーザー

参照番号:

• [tracking number]

ArchiCADのライブラリマネージャダイアログで、FTPプロトコルを使用してInternetから直接ライブラリオブジェクトをダウンロードできます。ArchiCADの不具合で、プログラムをクラッシュさせる可能性があります。次のような現象が起きます: ウェブから必要なファイルをダウンロード後、ArchiCADに以下のメッセージが表示されます:

FTPCrashDialog.PNG

このような場合、[今すぐライブラリをロード]ボタンをクリックしてしまうと、無限ループとなり、しばらくするとプログラムがクラッシュします。不具合が修正されるまでの解決策として、[後でライブラリをロード]をクリックして下さい。その後、[キャンセル]ボタンをクリックしてライブラリマネージャを終了します。この時点でダウンロードしたファイルはFTPキャッシュに保存されていますが、クラッシュは起きません。この方法で新しくダウンロードしたライブラリオブジェクトを使用できます。


技術情報/ライブラリマネージャでFTPダウンロード後クラッシュ (最終更新日時 2009-01-14 01:25:22 更新者 KazuoHamaji)