→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

Judit Boros

作成日:

2008-13-02

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 11
• ArchiCAD 10

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 新規ユーザー
• 標準ユーザー
• 上級ユーザー
• CADマネージャー

参照番号:

• [tracking number]

デフォルトのビットマップ人物にカスタム画像を貼る方法

デフォルトArchiCADライブラリには、7つのビットマップ画像と空白のカスタムフィールドが用意されています。簡単な手順でカスタムのビットマップ画像を作成できます。

画像の選択

00.jpg

透過背景の設定

画像の背景を透過に変更してください。変更しないと、3Dビューをレンダリングする際、白および色つき背景が画像の周りに灰色の矩形を作成してしまいます。

画像を.gifあるいは.pngファイルをして保存します。

01.jpg

注記: 画像を.gifあるいは.pngファイルとして保存する際、透過オプションが有効なことを確認してください。

画像をライブラリに追加

[ファイル>ライブラリとオブジェクト>ライブラリマネージャ]'を選択して、画像を現在のライブラリに追加します。以下のように画像を直接ロードすることもできますし、画像をロードされている社内ライブラリやプロジェクトライブラリに追加できます。

33.jpg

ビットマップ人物の検索

オブジェクトデフォルト設定ウィンドウを開いて、人物ビットマップオブジェクトを検索します。

カスタム画像を選択して、カスタム画像名フィールドにファイル拡張子を除いた画像の名前を入力します。

44.jpg

オブジェクトの配置

3Dウィンドウの選択

5.jpg

注記: その他のビットマップ人物と同様、OpenGL 3Dウィンドウで表示すると、画像の周りに灰色の矩形が表示されます。

3Dビューのレンダリング

6.jpg

カテゴリレンダリング

技術情報/デフォルトのビットマップ人物にカスタム画像を貼る方法 (最終更新日時 2009-04-23 01:12:31 更新者 KazuoHamaji)