→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

MartaTron

作成日:

2006-03-20

ArchiCAD バージョン:

• ArchiCAD 10
• ArchiCAD 9

プラットフォーム:

• Mac OS X

対象:

• 上級ユーザー

参照:

• #10783

「PCに保存しておいたファイルを開いたときに、[AFP 10.0.0.5に接続]というダイアログが、ライブラリマネージャーダイアログの前面に現れるのですが。」

これは、クラスプラットフォームの問題だと思われます。ライブラリ部品がPCに保存されていて、ArchiCADがアクセスを試みています。そのため、必要なコンピューターをMACにマウントするのに時間がかかります。ファイルを開く前に手動でこのコンピューターをマウントし、作業を高速化できます。

「PCがネットワークに繋がっていません。情報がメモリースティックで送付されたので、接続ができないので困っています。」

このような場合は以下の手順に従ってください。

クロスプラットフォームのマウント機能を無効にする

変更が行われたかどうかを確認します:

MAC OS X 10.4.1以前:

MAC OS X 10.4.1およびそれ以後:

Terminalコマンドを使用せずに、プロパティリストエディタアプリケーションを使用することもできます。[InputOutput]セクションの下に「Child」を追加して、[DisableCrossPlatformMountingFeatures]という名前を付け、クラスをブール型に設定し、「true」に切り替えます。ファイルを閉じて保存してから、ArchiCADを再起動させてきちんと処理されたかどうかを確認します。

注記:プロパティリストエディタアプリケーションはMac OS X 10.4をインストールするときに Developer Toolsと一緒にインストールされます。

大規模な設計事務所では、Preferenceファイルを作成して各コンピューターにコピーしておけば、それぞれのArchiCADの基本設定ファイルを編集する手間が省けます。違いは、[開く]ダイアログ内の以前の図面のリストが空白になることだけです。

カテゴリセットアップカテゴリライブラリ

技術情報/クロスプラットフォームのマウント機能を無効にする (最終更新日時 2008-10-29 06:44:48 更新者 KazuoHamaji)