→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

KazuoHamaji

作成日:

2009-02-04

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 12

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 新規ユーザー
• 標準ユーザー
• 上級ユーザー
• CADマネージャー

参照番号:

• [tracking number]

カーテンウォール境界の堅枠と横枠を個別入力する

この記事では、カーテンウォール境界の堅枠と横枠を個別入力する方法について説明します。堅枠と横枠は異なる形状の場合が多いので、編集モードで個別に数値を設定します。

以下の手順に従ってください。

  1. カーテンウォールを作成後、選択します。

    01.jpg

  2. [編集]ボタンをクリックします。

    02.jpg

  3. 編集したい枠の1つにカーソルを移動させます(下の絵では横枠)。

    03.jpg

  4. しばらくすると一括選択パレットが表示されるので、[単一線]ボタンをクリックします。横枠全体が選択されます。

    04.jpg

  5. 設定ダイアログや情報ボックスでフレームの形状や材質などを変更します。

    05.jpg

  6. 選択した境界フレームだけが変更されます(フレームクラスは[カスタム]フレームとなります)。

    06.jpg

  7. フレームが不要な場合、タイプを[非表示]に変更します(境界フレームは削除できません)。

    07.jpg

  8. 必要な変更が完了したら、[OK]をクリックします。

    08.jpg

  9. これで変更作業は完了です。

    09.jpg

関連ページ

記事:

技術情報:

不具合解説:


カテゴリ3Dモデリング

技術情報/カーテンウォール境界の堅枠と横枠を個別入力する (最終更新日時 2009-02-04 04:31:24 更新者 KazuoHamaji)