→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

MartaTron

作成日:

2002-10-12

ArchiCADバージョン:

• ArchiCAD 9
• ArchiCAD 8.1
• ArchiCAD 7.0

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 新規ユーザー

参照:

• [tracking number]

カスタムライブラリオブジェクトの作成

新たなライブラリ部品を作成するには次の2つの方法があります:

ArchiCAD要素を描く方法

技術情報/ArchiCAD要素からオブジェクトを作成するもご覧ください。

スラブ、壁、その他の要素、ライブラリオブジェクト([1.5 特殊構造/自由部材]のオブジェクトなど)を使って、3Dモデルを作成します。必ず3Dモデルの平面図での左下の角が絶対座標のグローバル原点(x=0、y=0)になるようにしてください。これがライブラリ部品のローカル原点になります。角がグローバル原点にない場合は、移動コマンドを使用して移動します。

3Dウインドウを有効にし、視点を上面図に設定してから、ArchiCADオブジェクトファイルとして保存します。[編集可能なGDLスクリプト]か、[編集不可能のバイナリ3Dデータ]か選びます。一般的には、[編集可能なGDLスクリプト]を選び、完成したオブジェクトの3Dを修正したり、パラメータリストに新たにパラメータを追加したりできるようにしておきます。

作成したライブラリ部品を開くと、[パラメータリスト]に3つのパラメーター(A、B、ZZYZX)、ArchiCADで生成された編集可能な[3Dスクリプト]、ストレッチ可能な[2Dシンボル]、オブジェクトのベクトル2D表現となる[2Dスクリプト]があります。

[3Dスクリプト]は、主に3つの部分でできています:

GDLスクリプトを記述する方法

「GDLリファレンスマニュアル」を参考に、最適な2Dおよび3D GDLコマンドを選択し、スクリプトを作成します。GDLは、BASICまたはPASCALプログラミングに近いものですが、一般的なGDL作成にはプログラミングスキルは必要ありません。座標変換コマンド(add2、addxなど)、2Dおよび3D形状コマンド、数値およびフローコントロールコマンド、その他の非形状スクリプトなど、様々なコマンド系統があります。GDLで作成すれば、ライブラリ部品の3Dスクリプトを短縮でき、2Dシンボルをシンプルな2D GDLに置き換えることもできます。

長所と短所


カテゴリGDL

技術情報/カスタムライブラリオブジェクトの作成 (最終更新日時 2010-04-09 02:59:14 更新者 KazuoHamaji)