→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

KaticaAvvakumovits

作成日:

2007-05-22

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 11
• ArchiCAD 10

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 上級ユーザー

参照番号:

• [tracking number]

カスタムオブジェクト構成要素の作成

この技術情報では、カスタムオブジェクト構成要素の作成方法について説明します。この例では、キッチンユニットのカスタムドアパネルを作成します。

カスタム構成要素機能の概要については、ArchiCADヘルプの「カスタム構成要素」をご覧下さい。

キャビネットオブジェクトを平面図に配置します。3Dでは以下のようになります:

CustomObjectComponent-01.png

形状の作成

立面図および展開図線を平面図でキャビネットの前に作成します。キャビネットの平行投影立面を作成するので、線はキャビネットの面に平行に作成して下さい。

CustomObjectComponent-02.png

立面図および展開図に移動します。

CustomObjectComponent-03.png

1つのドアパネルのサイズを測定します(メジャーツール、座標情報、座標ボックスを使用します)。このサイズがカスタムパネルのサイズとなります。例では、幅599mm、高さ629mmとなります。

CustomObjectComponent-04.png

平面図に移動して、スラブを使用してドアパネルの形状を作成します。例では、プレーリスタイルのパネルを作成します。2Dおよび3Dで表示するペンおよび材質を割り当てます。

CustomObjectComponent-05.png

注記: 例のように、ミラーするパネルを作成する場合、左側のパネルを作成して保存して下さい。パネルの形状が非対称の場合重要です。パネル、方立て、ガラス板を作成します。 パネルを作成する際、ドアノブが右側に配置できるよう十分な幅を与えて下さい。

作成した全ての要素を選択します。

CustomObjectComponent-06.png

[ファイル>ライブラリとオブジェクト>カスタム構成要素を保存]メニューを使用して、要素を保存します。

CustomObjectComponent-07.png

表示される[構成要素タイプを選択]ダイアログで、ドロップダウンリストから[カスタムオブジェクト構成要素]を選択して、[選択]ボタンをクリックします。

CustomObjectComponent-08.png

表示されれるファイルダイアログから、保存するライブラリ部品の名前と保存先を指定します。

CustomObjectComponent-09.png

新しいパネルの適用

平面図でキャビネットオブジェクトを選択し、設定ダイアログを開きます。

CustomObjectComponent-10.png

パラメータリストで、ドアパラメータのカスタムパネルを選択します。

CustomObjectComponent-11.png

ドアパラメータ名の左にある右矢印をクリックして、表示されるパラメータリストからカスタムパラメータ名を見つけます。値フィールドにある右矢印をクリックして、作成したパネルを選択します(ArchiCADによって自動的に選択されている場合もあります)。

CustomObjectComponent-12.png

[OK]をクリックして変更を確定し、3Dウィンドウで結果を確認します。

CustomObjectComponent-13.png


カテゴリライブラリ

技術情報/カスタムオブジェクト構成要素の作成 (最終更新日時 2009-04-23 01:14:07 更新者 KazuoHamaji)