→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

作成者:

JuditBoros

作成日:

2007-06-13

ArchiCADバージョン

• ArchiCAD 11

プラットフォーム:

• Mac OS X
• Windows

対象:

• 新規ユーザー
• 標準ユーザー
• 上級ユーザー
• CADマネージャー

参照番号:

• [tracking number]

バーチャルトレース

この機能は、以前のバージョンの参照フロア機能と比べて大幅に向上しています。バーチャルトレースは、すべてのモデルビュー(平面図、断面図、立面図)、図面ビュー、レイアウトを参照できます。

新しいバーチャルトレース機能は、以前のバージョンのArchiCADの参照フロア機能を置き換えるものです。バーチャルトレースは、プロジェクトの他の部分に対する優位性を拡大し、視覚的な比較機能で参照ビューと現在のビューとの比較を容易にします。建物のモデルの一部を含むい現在のウインドウの下に、ビューポイント、ビュー、レイアウトを置いて参照ビューとして使うことができます。次の例では、参照ビューは赤で示されています。

参照断面図を他の断面図の下に置く:

vt01.jpg

断面図を参照として詳細図の下に置く:

vt08.jpg

参照ビューの使い道は、基本的には一時的な編集の支援です。有効になっているウインドウにつ関連しているだけで、最終的な図面の出力の一部とはなりません。必要に応じて参照ビューを移動したり回転させたりできますが、通常は[現在]/[参照]ビュー設定では、特定の環境に適した表示をするようになっています(つまり、断面図の下にはモデル図参照、断面図に並べての断面図、モデル図ビューの下にはレイアウトなど)。

参照として3タイプの項目を選択することができます:

  1. ビューポイント:ナビゲーターのプロジェクトマップにある項目(3Dとリストタイプの項目を除く)を参照として設定可能です。参照として使われるビューポイントは常に有効なウインドウの現行ビューの設定を反映します。

  2. ビュー:ナビゲーターのビューマップにあるビュー(3Dとリストタイプの項目を除く)でも、参照として設定可能です。保存された参照のビュー設定は、現在のウインドウの設定には関係ありません。ビューマップからビューを削除した場合は、その参照は利用できません。

  3. レイアウト(とその図面):画像またはビットマップ/PDF図面を含む図面もまた、フレームだけでなく参照の内容を表示します。

一度に1つの項目だけが参照として表示されます。

以前のバージョンのArchiCADと同様に、参照は[ファイル]→[印刷]コマンドで印刷できますが、プロットでは印刷できません。

バーチャルトレースのインターフェース

主なUIコンポーネントは、[参照パレット]です。

注記:このパレットの上部にある[参照]とドラッグ/回転/リセット/参照を再構築のコマンドは、参照コマンドリストにあるものと同じものです。

参照オン/オフ: このボタン vt1.jpg をクリックして、現在ウィンドウ内の参照表示をオン/オフします。

参照の選択:このポップアップをクリックして、最近使った参照項目のリストと初期設定の参照項目を開きます。参照として使いたい項目をクリックします。

注記:もう1つの参照選択の方法は、適切なナビゲーター項目の上で右クリックし、[参照として表示]コマンドを使うことです。

参照を現在に切り替える:このコマンド vt2.jpg をクリックして、参照を現在に入れ、前からあった現在と参照を入れ替えます。

参照をドラッグ:このコマンド vt3.jpg をクリックして、参照を他の位置にドラッグします。

参照を回転:このコマンド vt4.jpg をクリックして、参照を回転させます。

デフォルトの位置にリセット:このコマンド vt5.jpg をクリックして、移動させた参照を元の初期設定の位置にリセットします。

参照を再構築:このコマンド vt6.jpg をクリックして、参照をモデル図内の変更を反映したものへ更新します。

カラー:参照と現在の色を2つのポップアップアイコンから選択します。元々の色にも他の揃った色にもできます。参照用に頻繁に使う色を割り当てる方法として、最近選んだ色(最高14色まで)がこのリストに提示されます。

カラーの強度:2つのスライダーを使って、参照と現在を表示する色の強度を調節します。

スライダーを右に動かすとビューの色が濃くなり、左に動かすと薄くなります。

参照を一時移動(表示のみ):このコマンド vt7.jpg をクリックして、[参照を一時的に外す]機能を有効にします。ウインドウ内をクリックし、手形カーソルを動かして、参照をスクリーン上の新しい位置へ移します。元の位置へ戻すには、もう一度クリックします。

参照を上に表示する(表示のみ):このアイコン vt8.jpg をクリックして、2つのビューの表示順序を切り替えます。

参照比較線を表示/隠す(表示のみ):このコマンドを vt9.jpg クリックして、画面分割機能を出し2つのビューの間に動かせる比較を作ると、参照と現在の比較検討ができます。

塗りつぶしおよびゾーンを透過表示(表示のみ):このコントロールボタンは、背景の塗りつぶしとゾーン塗りつぶしの表示を切り替えます。

このボタンが有効になっていると、要素の背景塗りつぶしは表示されません。これには、無地の塗りつぶし、色つきの空白塗りつぶし、そしてゾーン背景塗りつぶしが含まれます。このボタンの効力は一時的なものであり、モデル要素には影響しません。

追加参照オプション:参照パレット内で、参照の強度調節スライダーの隣にある矢印をクリックします。このオプションセットは、参照用にのみ利用できます。

このリストで、参照画面に表示したい要素にチェックマークを付けます。

設定をすべての参照に適用する:このボタンをクリックすると、現在/参照の色、表示/非表示のオプションに関して行った変更がプロジェクト内の全ての参照に適用されます。クリックしなければ、これらの変更は現在ウインドウの参照にのみ適用されます。

参照の配置

ビューポイントかビューかレイアウトを選択して、[参照として表示]コマンドを選択します。参照が初期設定された位置(現在の内容と参照項目のタイプに最適な位置)に表示されます。初期設定の位置がない場合もあります。そのときは手動で参照を配置します。参照線が表示されて参照設置の一助になります。

必要に応じて、参照をドラッグしたり回転させたりできます。

次の画像は、立面図ビューポイントを参照として、断面図マーカーを含んだ平面図に沿って回転状態:

vt07.jpg

[画面に合わせる]コマンドは、現在のウィンドウと同様に参照にも影響します。

参照を用いた作業

下記の機能は参照上で利用できます(ArchiCAD10と同様):

現在のウインドウを印刷する場合、現在の内容に加えて参照が印刷されます。

参照から要素をコピー&ペーストする

参照上の要素を個別に選択はできません。しかし、参照要素の設定はコピー&ペーストを使って他のウインドウへ転送できます。

注記: このコマンドは、図面状態の断面図が現在になっていて、自身のモデル状態断面図が参照になっている時には使えません。

この作業の流れは、図面ビューで作業中にモデルが変更された場合に利用できます。図面を更新するには、そのモデルを参照に設定し変更内容を確認したうえで、参照と現在を入れ替えます。必要な更新部分をコピーして、参照と現在を入れ替えたら貼り付けます。

注記:3D組み立て要素を図面タイプのウインドウに貼り付けた場合は、貼り付けた段階で2Dの図面要素に分解されます。

参照を再構築

参照を再構築コマンド(参照パレット、または参照コマンドリストから利用できます) vt10.jpg を使って参照を再構築し、ソースビューの変更を反映します。参照は他の操作の結果として自動的に再構築されます。その操作とは、別のウインドウへのナビゲートやウインドウ内でのパンなどです。しかし、モデルビューの編集が自動的に参照を再構築することはありません。[参照を再構築]ボタンを使用してください。 次のことに注意してください:参照のソースが手動再構築モデルである場合、その参照はモデル断面図/立面図/展開図を手動で組立て直したときにのみ更新されます。同様に、手動で再構築された図面を含んでいる参照は、その図面とともに再構築されます。参照が自動再構築モデルの場合現在のウィンドウ内での再構築が可能ですが、その変更は移動やスクロールの後であっても参照には反映されません、なぜならプログラムが遅くなるのを防ぐために[オプション]→[ 環境設定]→[その他]において、[自動再構築モデルビューポイントを継続的に更新する]のチェックが外れてあるからです。必要に応じて、参照を再構築ボタンを使ってください。参照が自動再構築図面を含んでいる場合は、継続的に更新されることはありません。プログラムが遅くなるのを防ぐためです。必要に応じて、参照を再構築ボタンを使ってください。

参照2D再構築速度への影響

参照を現在のビューに設定した場合、2D再構築の時間に影響する場合があります。以下の点を考慮してください:

参照がビューの場合

参照は1つのビューであり、現在のウィンドウとは異なるレイヤーとモデルビューの設定を有しています。このような参照は、現在のウインドウと同じ設定を有する参照に比べると、再構築が遅くなります。したがって、大規模プロジェクトの場合は、参照としてビューを使用するのではなくプロジェクトマップ項目を使用することを推奨します。

参照が断面図あるいは立面図の場合

参照が断面図または立面図の場合、2Dウインドウを再構築中に(例えば、ズームあるいはスクロールの後)参照はモデルの変更を反映します。3Dモデルは部分的に再構築される必要があり、通常の2D再構築過程に比べると遅くなる場合があります。これは全体的な再構築過程が参照なしの再構築よりも遅くなる原因です。これを回避するには、手動再構築を使うか、または、[作業環境]→[その他]設定で[自動再構築モデルビューポイントを継続的に更新する]をオフにします。この値をオフに設定すると、編集後に手動で断面図を再構築しなければならないことに注意してください。そうしないと編集後に要素が一時的に正しく表示されません。

関連記事:

関連技術情報:

関連不具合解説:


カテゴリ2D図面カテゴリレイアウトカテゴリセットアップ

バーチャルトレース (最終更新日時 2008-10-28 02:44:05 更新者 KazuoHamaji)