→Graphisoftホームページ→ArchiCAD教育版ダウンロード →ArchiCAD体験版ダウンロード →ArchiCAD仲間

ホットフィックスインストール時の問題のトラブルシューティング

by MartonKiss, updated 2012-11-21

Macでのパーミッションの問題のトラブルシューティング

現象:

ホットフィックスのインストーラがArchiCAD ## Hotfix ## が1つ以上の<ArchiCAD folder>にアクセスできませんというメッセージを表示します。

対策:

最初に管理者権限のあるユーザーでログインしていることを確認します。システム環境設定、ユーザーとグループでユーザーが管理者権限があるかどうかを見ることができます。

それでも問題が解決しない場合は、ArchiCADフォルダの権限を修正します。 * ファインダーを開く * ArchiCAD 15 のフォルダに移動 (デフォルトでは以下: /Applications/Graphisoft) * ロックをクリックして、認証の設定を変更します * 歯車アイコンをクリックして含まれるフォルダに対しても同じ変更したい場合は”適用”を選択します * その後で再度ホットフィックスのインストールをします

getinfo.png

上記の手順で解決しない場合: * Application/Graphisoftフォルダ内にあるArchiCADフォルダに移動します * 右(Ctrl)クリックをしてコンテキストメニューを表示します * フォルダを複製します * 終了後、元のフォルダを削除します * 新しいフォルダを元の名前に変更します * 再度、ホットフィックスを適用します


Mac上でホットフィックスを適用した後で警告メッセージが表示される

詳細は以下をご覧ください: Hotfix Install Warning Message(英文)


BIMサーバーのホットフィックス適用後にteamwork.server.event.client.dllが欠落します

現象: 何かによってこのファイルのインストールがブロックされ、結果として欠落します。(Windowsのみ)

対策:

実行中の全てのBIMサーバーのサービスを停止します: * スタートメニューをクリックし、ファイル名を指定して実行のフィールドにservices.mscと入力します * BIMサーバーのプロセスを1つずつ選択し停止します、全てのインストールしたBIMサーバーモジュール(14、15、16)に関するプロセスを停止します

services.png

BIMサーバーフォルダ内のProductVersion.xmlを見つけそれをxmlエディタ(例.メモ帳)で開きます: * デフォルトの場所は以下: C:\Program Files\Graphisoft\BIM Server\Server Modules\<module version>\TeamworkServer\ProductVersion.xml * ファイル内に表示されている製造番号より少ない番号に変更してそのファイルを保存します(例.製造番号4038の場合、4037に設定します)。その数字がお使いのローカル版では公開リリースの番号より低い場合、そのホットフィックスは実行されないことがあります。 * 結果としてホットフィックスを再度適用できます

再度ホットフィックスを実行します。いくつかエラーメッセージが表示されますが、これらは無視できます。その後、停止したのと同じ手順で全てのサービスを再起動するか、もしくはコンピュータを再起動します、またはBIMサーバーコントロールセンターを開き、起動をクリックします。


カテゴリ: カテゴリインストール カテゴリトラブルシューティング

関連ページ:

トラックバック:

Note: Related Pages / Trackback list is cached. If you suspect the list is not up-to-date, then use "Delete Cache" under "More Options"

インストール/ホットフィックス (最終更新日時 2013-03-14 02:46:32 更新者 MichitakaKiriki)